メニュー

糖尿病の治療

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高い状態をさす病気です。

糖尿病には「インスリン依存型(I型)糖尿病」と「インスリン非依存型(II型)糖尿病」の2つのタイプがあります。
「インスリン依存型(I型)糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。全体の5%の方が、こちらのタイプの糖尿病です。
「インスリン非依存型(II型)糖尿病」は、遺伝要因にくわえて、食べ過ぎ、運動不足、ストレスが加わって発症する糖尿病です。95%の糖尿病がこのタイプです。
糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、最悪の場合は、死に至る危険な病気です。早めの治療・対策が必要です。

当院の治療について

当院では、運動療法、食事療法、内服薬やインスリンの注射による薬物療法を行っています。

可能な限り少ない量の内服で、低血糖など起こさないような治療を心がけております。薬を飲むだけが治療ではなく、うまく付き合っていくことが大事ですので、食事療法や継続可能な運動療法について重点的にお伝えするよう心がけております。入院でのコントロールが必要な方については連携している病院で淳一朗医師が病棟担当医として受け持つことで切れ目のない指導をできるような体制をとっております。気になる点がありましたら些細なことでも質問してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME